2019年

5月

20日

過半数代表者

本日、36協定の届出をしました。 

 

提出の際に、管理職ではないか確認されました。 


協定には社員を代表する過半数代表者がサインをすることになります。

通常、過半数代表者には役職のない一般の社員が適格とされています。

2019年

5月

17日

5月の熱中症

昨日も暑かったですが、今日も暑そうです。

そして、そろそろ気になるのが熱中症です。

熱中症は夏の暑い日のイメージがありますが、体が暑さに慣れていないこの時季は熱中症にかかりやすくなります。

「二日酔い、睡眠不足、朝食を取らない」など社員の体調管理に気を使うことも必要です。

 

2019年

5月

16日

療養費の申請

本日は療養費の申請についてご質問がありました。

入社の手続が終わっても、保険証はなかなか届きません。

その間に病院に行った場合、病院にもよりますが、全額支払いの場合は療養費を申請することになります。

年金事務所では、すぐに病院に行く必要がある場合は資格証明書が発行されます。

 

2019年

5月

15日

36協定届

本日は36協定届を作成しました。

1週40時間・1日8時間を超えて働かせる場合は36協定を締結し、監督署に届出することが必要です。

アルバイトやパートの方でも1日8時間を超える場合は必要です。

なお、代表者には役職のない一般の社員が適格とされています。

 

2019年

5月

14日

1年単位の変形労働時間制

1年単位の変形労働時間制の協定届を作成しました。

1年以内の対象期間を平均し、1週間当たりの労働時間が40時間を超えない定めをします。

労働基準法では基本的に週40時間制を守れば、祭日や休暇は必要ないとされています。

建設業などお盆・年末年始に長期休暇のある会社は残業対策として効果があると思います。

 

※ 季節の写真 

 

 

 

※ 事務概要 

 

大下社会保険労務士事務所

〒135-0042

東京都江東区木場3-12-1

TEL 03-3643-1546

FAX 03-3643-1547

 

当事務所は江東区、中央区、千代田区、江戸川区、墨田区を中心に活動しています。地域密着によりできる限りの迅速対応とお客様とのコミュニケーションを大切にしています。

 

地域密着型の事務所の特徴 

 

 

※ ご相談の流れ 

 

 お問い合わせ 
  
まずは、お気軽にお電話ください。 

03-3643-1546

 ご訪問
  
御社にご訪問させていただきます。お困りのことやご相談したい内容をお聞かせください。 かんたんなご依頼はこの場で解決します。(無料)


 ご契約
  
ご訪問際の内容をご検討いただき、御社にとってメリットがあると感じましたらご契約ください。