解散に伴う企業の負担

制度の全廃と言われていた厚生年金基金ですが、財政が健全な基金は存続を認めるようです。

 

その基準は、厚生年金支給に必要な積立金の1・5倍以上の資産のようです。

 

ただ、そのような基金は全体の1割程度で、それ以外は5年以内に解散になるようです。

 

今後解散に伴い、加入企業が積立金不足をどのように負担していくのでしょうか。

 

※ 季節の写真 

 

 

 

※ 事務概要 

 

大下社会保険労務士事務所

〒135-0042

東京都江東区木場3-12-1

TEL 03-3643-1546

FAX 03-3643-1547

 

当事務所は江東区、中央区、千代田区、江戸川区、墨田区を中心に活動しています。地域密着によりできる限りの迅速対応とお客様とのコミュニケーションを大切にしています。

 

地域密着型の事務所の特徴 

 

 

※ ご相談の流れ 

 

 お問い合わせ 
  
まずは、お気軽にお電話ください。 

03-3643-1546

 ご訪問
  
御社にご訪問させていただきます。お困りのことやご相談したい内容をお聞かせください。 かんたんなご依頼はこの場で解決します。(無料)


 ご契約
  
ご訪問際の内容をご検討いただき、御社にとってメリットがあると感じましたらご契約ください。