季節の健康情報

「協会けんぽ」は毎月、季節の健康情報を発表しています。今月は「食事と生活習慣で疲れ目・かすみ目予防!」です。疲れ目やかすみ目を感じることはありませんか。目は「脳の出張所」とも呼ばれる重要な感覚器官であり、脳の情報の80%以上は視覚を通して集められると言われています。 

 

しかし、長時間にわたるパソコン作業や細かい作業、車の運転などにより、目は過酷な環境にさらされがちです。目の健康を守るために、目をいたわる生活を心がけましょう。 

 

目の健康を守るには適度な休息が基本です。次のような生活習慣を身に付けましょう。 

 

  1. 目を使う作業を1時間続けたら10分間休憩を取りましょう。目の疲労度が改善されます。

  2. 車を運転する時には、こまめに休憩を取りましょう。また、シートポジションを整えて首や背中の緊張を減らすことは、目の疲労の軽減につながります。

  3. 厚生労働省がまとめた「健康づくりのための睡眠指針2014」によると、必要な睡眠時間には個人差はあるものの、168時間程度です。また、入浴は遅くとも就寝時間の30分前に済ませましょう。3840℃くらいのぬるま湯に浸かると血行が良くなり、リラックスした状態で深い眠りにつくことができるとされています。

  4. 睡眠と同様に、食事も目の健康にとって大切です。栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

 

※ 季節の写真 

 

 

 

※ 事務概要 

 

大下社会保険労務士事務所

〒135-0042

東京都江東区木場3-12-1

TEL 03-3643-1546

FAX 03-3643-1547

 

当事務所は江東区、中央区、千代田区、江戸川区、墨田区を中心に活動しています。地域密着によりできる限りの迅速対応とお客様とのコミュニケーションを大切にしています。

 

地域密着型の事務所の特徴 

 

 

※ ご相談の流れ 

 

 お問い合わせ 
  
まずは、お気軽にお電話ください。 

03-3643-1546

 ご訪問
  
御社にご訪問させていただきます。お困りのことやご相談したい内容をお聞かせください。 かんたんなご依頼はこの場で解決します。(無料)


 ご契約
  
ご訪問際の内容をご検討いただき、御社にとってメリットがあると感じましたらご契約ください。