こんぴらさん(3)

こちらが大門です。重厚感があります。大門を抜けると、有名な

 

いない? 通常五人百姓がいるはずですが、朝が早いのかまだいません。

 

先を進むと、桜馬場西詰銅鳥居です。この辺りは桜の名所のようです。

 

その横には、こんぴら狗です。江戸時代、江戸からの旅は大変なことで、本人の代理で参拝に行くこと(代参)があったそうです。また、代参は人だけではなく、犬が「こんぴら参り」と記した袋を首にかけ、飼い主の代わりに参拝し、「こんぴら狗」と呼ばれたそうです。


※こちらの内容は外部ブログ大下社会保険労務士事務所の地域密着型ブログに詳しく載っています


※ 季節の写真 

 

 

 

※ 事務概要 

 

大下社会保険労務士事務所

〒135-0042

東京都江東区木場3-12-1

TEL 03-3643-1546

FAX 03-3643-1547

 

当事務所は江東区、中央区、千代田区、江戸川区、墨田区を中心に活動しています。地域密着によりできる限りの迅速対応とお客様とのコミュニケーションを大切にしています。

 

地域密着型の事務所の特徴 

 

 

※ ご相談の流れ 

 

 お問い合わせ 
  
まずは、お気軽にお電話ください。 

03-3643-1546

 ご訪問
  
御社にご訪問させていただきます。お困りのことやご相談したい内容をお聞かせください。 かんたんなご依頼はこの場で解決します。(無料)


 ご契約
  
ご訪問際の内容をご検討いただき、御社にとってメリットがあると感じましたらご契約ください。