江戸城(皇居東御苑)⑥

富士見櫓を北に行くと、時代劇でお馴染み忠臣蔵の松の大廊下跡です。

 

ちなみに松の廊下とは、廊下に沿った襖に松と千鳥の絵が描かれていたのがその名の由来です。

 

松の大廊下跡をさらに北に進むと、富士見多聞があります。多聞とは長屋造りの櫓で武器庫として使われていたようです。

 

富士見多聞を下ると変わった建物があります。石室です。何に使用したかは不明ですが、火災などの際に貴重品を避難させる場所とも言われています。

  

※この内容は外部ブログ大下社会保険労務士事務所の地域密着型ブログに詳しく載っています。


※ 季節の写真 

 

 

 

※ 事務概要 

 

大下社会保険労務士事務所

〒135-0042

東京都江東区木場3-12-1

TEL 03-3643-1546

FAX 03-3643-1547

 

当事務所は江東区、中央区、千代田区、江戸川区、墨田区を中心に活動しています。地域密着によりできる限りの迅速対応とお客様とのコミュニケーションを大切にしています。

 

地域密着型の事務所の特徴 

 

 

※ ご相談の流れ 

 

 お問い合わせ 
  
まずは、お気軽にお電話ください。 

03-3643-1546

 ご訪問
  
御社にご訪問させていただきます。お困りのことやご相談したい内容をお聞かせください。 かんたんなご依頼はこの場で解決します。(無料)


 ご契約
  
ご訪問際の内容をご検討いただき、御社にとってメリットがあると感じましたらご契約ください。